Karabiner-Elements | MacOSアップデート時のアラート解決

本日、MacOSをアップデート時(正確にはCommand Line Tools)に、Macを再起動したところ、Karabiner-Elementsでアラートが出て一時、アプリを使えなくなりました。

Karabiner-Elementsのヘルプに書かれていた項目に沿って、アプリの動作を許可することによって、再びKarabiner-Elementsを使えるようになったので、メモとして残しておきます。

今回の問題は、以下の項目のアップデートが原因と思われます。

アプリの許可方法

以下のKarabiner-Elementsのヘルプに乗っ取って進めていきます。
参考 Karabiner-Elements Helppqrs.org

アプリの許可方法は、

システム環境設定 > セキュリティのプライバシー > ダウンロードしたアプリの実行許可

で、任意のアプリの許可ボタンをクリックすれば、完了です。

しかし、今回はまさかの許可ボタンをクリックしても許可されない。。

ということでヘルプを注意深く見てみると、タイトルが「許可ボタンをクリックしても許可されない場合」となっていました。

具体的な解決方法は、

1. Change Full Keyboard Access configuration

  • Open *System Preferences > Keyboard > Shortcuts*.
  • Change Full Keyboard Access configuration to *All controls*.

2.Click Allow button

  • Open *System Preferences > Security & Privacy*.
  • Move focus to Allow button by using *tab* or *shift+tab* key.
  • Press *spacebar* on Allow button.

と書かれていることで全てなのですが、

まず、システム環境設定 > キーボード > ショートカットに移動して、
すべてのコントロールにチェック。
するとシステム環境設定をTabキーでフォーカスを移動させることができます。

次に、システム環境設定 > セキュリティーとプライバシーに移動します。
その次に下記の画像のようにTabキーで今回許可したい、アプリケーションの許可ボタンまで移動して、
Spaceキーでクリックします。(ぼくの環境ではもう許可してしまったので、許可ボタンがないです。)

これで今まで通り、Karabiner-Elementsを起動すれば、Alertが消えて問題なく立ち上がるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です