Homebrewの導入方法(プログラミング初心者必読)

どうも、すわんです。

今回は、簡単にパッケージ管理ができるHomebrew(Macのみ)の導入方法について書いていきたいと思います。

Homebrewを使う目的

使いたいソフトウェアを簡単に導入するためです。

どのくらい簡単かと言うと、

brew install パッケージ名

これで自分の入れたいソフトウェアをインストールすることができます。

また、homebrew cask という拡張機能を使えば、GUIのアプリもインストールすることができます。例えばEvernoteをインストールする際は、

brew cask install Evernote

このコマンドを打つだけで、Evernoteをインストールすることができます。

ぼくが、プログラミングを自学で学び始めた時には、Homebrewなどのパッケージ管理システムという存在を知らずに、欲しいソフトウェアをどこからどのようにインストールすればよいのか1つずつ調べてやっていました。

その段階でプログラミングを始めるハードルは高いなーなどと思っていました。笑

しかし、homebrewを使えば、新たに始める人の敷居も低くなるかなと思い、今回の記事のタイトルにプログラミング初心者必読と入れました。

 

Homebrewのインストール

まずは公式サイトの手順にも書かれていますが、以下をターミナルで実行。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

 

無事にHomebrewをインストールできたら、次に

brew doctor

で、問題がないかをチェック。

もしエラー文が出たらその内容にしたがって、対処して下さい。

エラー文をブラウザにコピペするか、brew doctor エラーなどの文言でググれば、解決方法はだいたい見つかります。

問題がなければ、Homebrewを使うことができます。

Homebrew-caskのインストール

次にHomebrew-caskのインストールのコマンドです。

brew install caskroom/cask/brew-cask

これで無事インストールできたら、完了です。簡単ですね!

 

HomebrewとHomebrew-caskのコマンド

次にHomebrewとHomebrew-caskのコマンドを紹介します。

Homebrewのコマンド

・Homebrewで使えるパッケージを探す

brew search

・名前でパッケージがあるかどうかを探す

brew search パッケージ名

・パッケージをインストールする

brew install パッケージ名

・インストールされているパッケージの一覧を表示する

brew list

・パッケージ一覧の更新

brew update

・更新のあるパッケージを更新

brew upgrade

・パッケージの有効化

brew link パッケージ名

・パッケージの無効化

brew unlink パッケージ名

・パッケージの削除

brew remove パッケージ名

・Homebrewの設定を確認

brew --config

 

Homebrew-caskのコマンド

・インストールできるアプリケーションを探す

brew cask search

・アプリケーションをインストール

brew cask install アプリケーション名

 

 

Homebrewの用語

用語についてQuiitaで分かりやすい記事を書いている方がいたので、載せておきます。

Homebrew は「ユーザが自らパッケージをビルドして使用する」ことのメタファーで「ビールを自家醸造して保存する・飲む」ことを意味しています。そのため、独特なキーワードを用いるので下記で表にしておきます。

キーワード本来の意味たとえ
Brewビールを醸造するmake する
Homebrew自家醸造ユーザ自らがビルドする
Cellarセラー(ワインセラーのなどのセラー。ビール貯蔵庫)インストール(保存)先
Keg樽、醸成用make 材料
Formula調理法、手順ビルド方法・手順が書かれたスクリプト

 

 

ちなみに

homebrew-bundleというものを使って、インストールしたいパッケージやアプリケーションをBrewfileにまとめておき、それを読み込ませると、一気に環境構築ができるみたいです。

複数人での開発の際や新しいMacに乗り換えた時などに使えそうですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です