IP電話アプリで通話料を節約してみた。

どうも、すわんです。

先日の「LINEモバイルを3ヶ月間使ってみた」の記事からだいぶ間が空いてしまいましたが、今回は自分が実践している通話料を節約する方法について書いていきます。

通話料をどうやって節約するか

結論から言うと、IP電話を利用することで、通話料を節約することができます。
IP電話とは、インターネット回線を介した電話のことです。
一般的なスマホ、ガラケーの電話は、電話回線を介した電話のことです。

一般的に言う電話は各キャリア(docomo, au,softbankなど)が提供する電話回線を介した電話のことを指すのです。
今回、紹介するのはIP電話でインターネット回線を介した電話です。
IP電話は、一般的な電話よりも時間あたりの通話料がとても安いです。
代表的なIP電話を提供するサービスとしてSkypeやGoogleハングアウトなどが挙げられます。
IP電話にもサービスを提供している会社があります。
そこで、今回はスマホでのIP電話利用に焦点を絞って、ぼくが普段から利用しているIP電話アプリを紹介していこうと思います。

ぼくが実際に通話料を節約している方法

ぼくは現在、3つの電話アプリを使って節約しています。
「3つも電話アプリ使うとかめんどくさそう・・・」という声が聞こえてきそうですが、実際には全然めんどくさくないです。最初の登録こそめんどくさいですが、実際に使うときはそれぞれの電話アプリを立ち上げて電話するだけなので、普通の電話と大差ありません。
それよりも、なぜ3つもの電話アプリを使い分けているのか。という方が気になるのではないかと思います。
ちゃんと理由があるので、これから説明していきます。

なぜ電話アプリを3つも使い分けるのか

理由は、3つあります。

・通話料
・通話品質
・自分の電話番号を相手に知らせて電話がしたいか

これだけです。
実際にアプリを使うときにも上記の3つの考え方からどのアプリを使うのか決めています。

使っているアプリ

ぼくが使い分けている電話アプリは、

・LINE無料通話(LINE Outとは違う)
・楽天でんわ
・SMARTalk

の3つです。
それぞれのアプリで詳しく、利用シーンや通話料等について説明していきます。

LINE

LINEの電話方法については、LINEアプリの無料通話とLINE Outの2通りありますが、
ぼくが活用しているのはLINEアプリの無料通話のことです。
LINE電話については、実際に活用している方は多いのではないでしょうか?

LINEのメリットとしては、なんといっても通話料が無料であることです。
デメリットは、自分の電話番号を持つことができない、ケータイ電話番号にかけることができない、通話したい相手側がLINEを利用していないと電話できない。意外とデメリットは多いです。

・ぼくの利用シーン
完全に友達との電話用で、かつネット回線環境が良いときに利用しています。
基本的に日本では圧倒的LINEの人気がすごいので、だいたいみんなLINE入れてますよね。
この使い方は、大多数の方に当てはまるのではないでしょうか?

上記で挙げたLINE無料通話のデメリットを解消した、LINE Outという電話アプリがありますが、
プリペイド式(30日間期限)であり、使いにくさ満載なので全然無しです。

楽天でんわ

上記のLINE無料通話のデメリットで挙げた、

・自分の電話番号で発信することができない
・ケータイ、固定電話にかけることができない
・通話したい相手側がLINEを利用していなければ電話できない

を解消した電話アプリです。
なんとこの楽天でんわは、自分のスマホの通信の契約をしているキャリアの電話番号で電話することができるのです。
まあ、番号そのままで通話料を安くできるってことです。
記事タイトルにIP電話アプリでと言っておりますが、こちらは電話回線を介した電話です。
しかし、docomo, au,softbank等のキャリアの電話回線を使うより断然安いので、ぼくは使っています。

楽天でんわのメリット

・自分の持っている番号そのままで電話できる
・電話回線なので通話品質が安定している
・もちろんケータイ、固定電話共にかけることができる
楽天でんわのデメリット
・IP電話の通話料金と比べて割高

ぼくの利用シーン
仕事、ネット回線が遅い時、相手に番号を通知して電話したい時等で利用します。
最初はIP電話だけで行こうかとも思ったのですが、これまでの電話番号を変えたくないのと080,090から始まる番号は持っておきたかったので、このような使い方をしています。

楽天でんわの通話料金と支払い方法

楽天でんわの料金体系は以下の通りです。

種類料金
月額基本料金0円
国内通話10円/30秒(税別)
国際通話10円/30秒(非課税)

*月額基本料は0円なので、電話しなければ、お金はかからない
といったようにとてもシンプルです。
一般的なスマホの3キャリアの通話料は20円/30秒ですので、ちょうど半額です。
定額で通話し放題のプランに入る程電話はしないという方やぼくのような使い方をする方には、楽天でんわはおすすめです。

月々の支払い方法は、基本的にクレジットカードで楽天銀行とスルガ銀行のみデビットカードが使えます。
また、楽天カードで支払うと通話料100円ごとに2ポイント貯まります。

SMARTalk

最後にSMARTalkです。
こちらは、IP電話で契約すると050から始まる番号がもらえ、その番号で通話することになります。

SMARTalkのメリット

・IP電話なので通話料が安い

SMARTalkのデメリット

・サービスやアプリに登録できない可能性
・緊急電話が使えない
・ネット環境が悪ければ全く使えない

メリットに挙げた通話料に関しては、以下にまとめます。
問題はデメリットの方かと思いますが、050の番号だとサービスやアプリなどの会員登録の際に、登録できない可能性があります。
例えば、LINEは050の番号では登録できません。
また、緊急電話とは、110番や119番などの3桁の番号のことで、それらに電話することができません。

ぼくの利用シーン
080,090からの番号を知らせる必要はないが、店の予約などをする場合に使っています。

SMARTalkの通話料金と支払い方法

種類料金
月額基本料金0円
国内通話8円/30秒(税別)
国際通話8円/30秒(非課税)

無料通話可能なIP電話とSMARTalk同士: 0円

主要3キャリアと比較して60%、楽天でんわと比較して20%通話料金を削減することができます。
この違いは結構大きいのではないでしょうか?

以上、ざっと説明させて頂きました。ご自身の用途・利用シーンによってうまく使い分けて見てください。
参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です