fish shellを使ってみた

fish's image

どうもすわんです。今回は近年人気の出てきたfishシェルへ環境移行してみました。
割と簡単に移行することができて、割と快適なので、導入方法をご紹介して行こうと思います。
特に難しい設定をせずに高機能かつ軽いです。

Homebrewでfishをインストール

まずいつものようにbrewコマンドでインストールします。

$ brew install fish
$ fish -v
fish, version 2.5.0

上記のようにバージョンが表示されたら準備は完了です。

なお、Homebrewについての使い方に関しては、Homebrewの導入方法を参照してください。

シェルの変更

$ sudo vi /etc/shells


– 末尾に/usr/local/bin/fishを追記して保存
(zsh使ってた人は、zshが書いてあるはずなので消してよい)

上記で変更できない場合は、

$ chsh -s /usr/local/bin/fish

fishermanのプラグインを追加

$ curl -Lo ~/config/fish/functions/fisher.fish --create-dirs git.io/fisher
$ fisher -v
fisherコマンドは違うタームを立ち上げないと反映されないかもしれないです。

bobthefishテーマのインストール

$ fisher install omf/theme-bobthefish
$ git clone git@github.com:powerline/fonts.git
$ ./install.sh

僕の環境では、./install.shコマンドが使えませんでした。
このコマンドをよく理解していなかったので、フォントを直接インストールする方法でインストールしました。

* 直接フォントをインストールする方法

上記で git cloneしたディレクトリを開いてD2Coding for Powerline.ttfを開きます。
そして右下にフォントをインストールというボタンをクリックし、インストールします。

そうするとMac自体にフォントがインストールされます。

iTerm2でフォントを設定する

⌘,で設定を開いて、Profilesをクリックします。
右のtextタブをクリックします。

するとFontという項目があるかと思いますので、Change Fontをクリックします。
そこで先ほどインストールした、D2Coding for Powerlineを選択します。

これで設定は完了です。

iTerm2を開き直すと、git管理しているプロジェクトが、付箋のようにちゃんと下記のように表示されていると思います。

iterm2_fishの反映画像

設定要らずで、高機能かつ高速なので、是非使ってみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です