Karabiner-ElementsでMacをさらに快適に操作する

Karabiner-Elementsとは

Macシステム全体のキーバインドを個人の好みに合わせて設定できるアプリのことです。気にくわないショートカットキーなどを変更しちゃいましょう!

HomebrewでKarabiner-Elementsをインストール

まずは、インストールです。お決まりHomebrewでインストールします。
Homebrewの使い方に関しては、こちらの記事をご参照ください。

$ brew cask install karabiner-elements

行った設定

今回は、以下のような設定を行いました。
これらの設定は、もともと作成された設定を反映させるだけなので、とても簡単です。

  • ReturnキーでFinderを開く
  • キーボードでマウス操作
  • かな/英数切り替えを⌘(コマンド)キーでできるように
  • 外部キーボード接続時にビルトインキーボードを無効にする

設定方法

まず、HomebrewでインストールしたKarabiner-elementsを起動します。

まずComplex Modificationsタブを選択して、
Add rule を選択。

表示された画面から、Import more rules from the Internetを選択すると、

以下のWEBサイトに遷移します。

https://pqrs.org/osx/karabiner/complex_modifications/

遷移したWEBサイトの中から、それぞれ反映したい設定(rules)を選択して導入していきます。

ReturnキーでFinderを開く

数年前WindowsからMacに乗り換えた際に、一番戸惑ったのがFinder。
Enterキーでディレクトリが開けない。。⌘ + ↓とかすごくめんどくさい。。
最近ではFinder使うこともめっきり減りましたが、画像など確認しながら行う作業には使っています。
でも⌘ + ↓は未だに嫌いです。
そこでEnterでディレクトリを開けるように変更していきます。

遷移したWEBサイトの項目から以下の順に選択していき、importをクリックすれば完了です。
Application Specific / Finder /
Use Return as Open and Use Fn+Return as Rename

リネームは、「Fn + Return」に変更です。

キーボードでマウス操作

キーボードから手を話さずに、マウス操作をしたいあなた向けです。
同様にimportをします。

OS Functionality / Mouse Keys(simple)

以下、マウス操作のためのキーバインドです。

Mouse keys (simple)

right_shift + w: mouse up
right_shift + a: mouse left
right_shift + s: mouse down
right_shift + d: mouse right
right_shift + f: left click
right_shift + g: right click
right_shift + r: scroll up (depends on "Scroll direction" in System Preferences > Mouse)
right_shift + v: scroll down (depends on "Scroll direction" in System Preferences > Mouse)

かな/英数切り替えを⌘(コマンド)キーでできるように

USキーボードを使っている人は、かな/英数切り替えが非常にめんどくさいことと思います。ぼくもUSキー配列なので、左右両方のキーで切り替えできるように変更します。
ちなみに、この設定を行なっても従来の⌘操作ができるのでご安心ください。
⌘の軽く押すのと、長押しで使い分けてくれます。

International(Language Specific) / For Japanese(日本語向けの設定)

英数: left ⌘ 
かな: right ⌘

外部キーボード接続時にビルトインキーボードを無効にする

外部キーボードを使っていて、かつノートPCのキーボードの上に外部キーボードを置いて使っているあなたにこそおすすめです。
外部キーボードをビルトインのキーボードの上に置くと、外部キーボードでビルトインキーボードを入力してしまうことがあり、イライラの原因になります。
そんなイライラとは今日でおさらばしましょう。

Disable the built-in keyboard ~~~~のところに有効にしたい外部キーボードのところにチェックBOXを入れれば設定は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です